BEAUTIFUL FLOWR ALWAYS STARTS WITH A LITTLE BUD | 花から始まる花はない 美しい花も常に小さな芽から始まる

MESSAGE

その先にある想いとインスピレーションをかけ合わせ、唯一無二のクリエイティブを 〜高井由子の想い〜

花やグリーンや装飾物がほしいと思ったとき、その先にはどんな想いがあるのでしょうか。

“大切な人への感謝をカタチに”
“ひと目見て、何度も見てみたいと深く心に残る演出”
“空間に清涼感をもたらす”

dosco®︎では、お仕事のご依頼、ご相談をお受けする際、何よりもそのコンセプトを大切にしています。

ひとりひとりの「花がほしい」というwantの先にある、
花を通して伝えたいこと、花から得たいものは何なのか。

余すことなく丁寧にそのニュアンスをつかみ、その瞬間のインスピレーションからコンセプトを描き、花にさらなる命を吹き込んでいくのです。

「豪華」「可憐」「洗練」「ぬくもり」・・・

季節やその時々の空気感、伝えたい想いや表現したいイメージによって求められるものは様々であり、個々の想いから生まれたコンセプトの数だけ、dosco®︎が表現する世界も広がり続けています。

こうして、唯一無二のクリエイティブを生み出すことこそが、dosco®︎が最も得意とすることであり、dosco®がご提供できる価値もまた、唯一無二のものでありたい。
そんな想いを胸に、心をこめてギフトやアートに仕立てた花をお届けしています。

シンプルな視点で本質を見つめ、意識し、命を愛おしむ〜高井由子が大切にしていること〜

クリエイティブの現場では、瞬間的なひらめきや躊躇なく花を活けていく手の動きに驚きを示されることが多々あります。

その源は何なのかと問われると、言葉で表すのはとても難しいのですが、
その花を求めている人を想い、そのコンセプトにシンクロしたとき、
深い集中がそんな瞬間をもたらしているのかもしれません。

意識しているのは、これまでに積み上げてきたものを糧にしつつ、
本当に必要なものを見極め、シンプルでクリアな視点を持ち続けること。

そして、命というエネルギーに真摯に向き合い、愛おしむこと。

dosco®では、生花だけでなく、オファーによって
アーティフィシャルフラワーのアレンジなども手がけていますが、
命あるものを創り上げる時と、そうでない時とでは
思考の仕方や感じ方もまるで異なり、
それらはまるで、自分の中にスイッチがあるかのごとく一瞬で切り替わります。

生花には、生きているからこその特別な、
今しかない、その瞬間だけのエネルギーが宿っているのです。

人が住まなくなり、温度を失った家は、途端に廃墟へと姿を変えていきます。
人の暮らしが営まれるからこそ、家が家として在り続けられるように、
目に見えない、生きたエネルギーが与える影響は計り知れないのです。

だからこそ、生花のアレンジでは花々の生きたエネルギーを引き出すように、
アーティフィシャルフラワーなどのアレンジでは、生命を吹き込むように。

ギフトでも空間装飾においても、花々のエネルギーが
ひとりでも多くの人に幸せをもたらすものでありますように。

BEAUTIFUL FLOWR ALWAYS STARTS WITH A LITTLE BUD .
花から始まる花はない。美しい花も常に小さな芽から始まる。

そんな願いと想いをこめて、心をつなぐギフト、そしてアートを創り上げています。